残業が多い人の特徴と【残業をなくす仕事術】

こんんちには”あとおし”です。皆さんは「残業で会社出たら、コロナ禍で飲食店が全て閉まっていて困った」「友達や家族と遊ぶ予定だったのが残業確定で間に合わなくなった」など残業でつらい思いしていませんか?職種によっては繁忙期で忙しくなることはあるものの、残業が慢性化していませんか?今回はそんな残業について記事を書いてみたいと思います。あわせて残業を少しでも減らせればと思い。誰にでも出来る「残業をなくす仕事術」についても考えてみました。みなさんの残業が少しでも減らせれば幸いです。

 

一般的にみんなどれくらい残業しているのか気になりませんか?

厚生労働省に毎月勤労統計調査というものがあり、月間現金給与と月間実労働時間及び出勤日数 というものが公開されています。そこから最新の「令和3年7月分結果確報」より一般労働者(パート含まず)の平均値を取得してみました。

月間労働時間と月間現金給与
・平均残業時間:13.2時間(1日約30分強)
・平均出勤日数:20日
・平均現金収入:348,794円

結果を見てみてどういった感想でしょうか?意外とみんなしっかり休めていて、あまり残業してないことになります。あくまでも平均値なので、業種によってばらつきがありますのでの興味のある方は調べてみてくださいね。

毎月勤労統計調査 令和3年7月分結果確報について紹介しています。…

※コロナ禍で医療従事者の残業時間が多くなっているはずと思ってみてみましたが、6.2時間とそこまで高くありませんでした。

 

自分から残業していませんか?

残業代を稼ぐ為に自分から残業している人が一定数いらっしゃると思います。残業代は収入と直結していますから「生活残業」というやつです。管理職からみれば無駄な残業は減らしたいものですが、実際に残業が無くならないのはそんな側面もあるかからだと思います。今回は自分から残業している人は一旦置いておいて、仕事が捌けない人を対象に記事を書いていくことにしたいと思います。残業代を稼ぎたい人は会社やプロジェクトが許す限りバリバリ稼げばいいです。ですが何の得もしないサービス残業だけは避けてもらいたいと思います。

 

 

残業が多い人の特徴

残業を減らす前に残業が多い人の特徴を確かめていきたいと思います。毎日残業する人の特徴から残業を減らすためのヒントを探したいと思います。

仕事が遅い

作業量的にには定時で帰れるのに、生産性が悪く仕事が遅いため残業しないと終わらない人です。正確性はもちろん大事なので、ミスがないか確認する必要はもちろんありますが、確認ばかりに時間を使ってしまうと生産性は落ちてしまいますのでバランスが大事になってきます。仕事の手順を見直したり、効率化出来る部分は効率化して作業時間短縮に取り組む必要がありそうですね。

管理工数に時間を取られて、実作業が出来ない

実作業もこなすプレイングマネージャーなどの中間管理職がよくこの状態に陥っているのを見かけることが多いです。部下の管理や社内作業に追われて実作業が出来ずに、仕事が終わってなくて残業してしまう場合です。部下を管理するためにスケジュールを作成したり、プロジェクトの打ち合わせに出席するなどで気づけば1日が終わっていたということも。仕事の充実感は感じていても進捗が進むことのない悲しい現実が待っています。この場合は自分の作業範囲をはっきりさせること、自分が出来る作業量の調整が必要になってきますね。

ミスが多い

どんなに作業効率を上げてもミスが多くて手直しや手戻りが多いと、修正コストがかかり残業して対応するということになります。この場合はミスを無くすチェックシートを使ったり、チームでのレビューを強化するなどして、ミスが出ないシステムを作り上げることに注力する必要がありそうです。まずは些細なミスをしないように自分と組織の両方から意識するように取り組むとよいかもしれません。

コミュニケーション不足で協力し合えない

大変な仕事で成果を出すには、もちろんメンバー全員で力をあわせる必要があります。普段からコミュニケーションがとれていないとチーム内で作業の割り振りを考えたり、遅れている作業を誰かがカバーするなどの対応が出来ずに生産性が下がってしまいます。この場合はみんなで話す会議体を定期的に実施するなどのコミュニケーション強化が必要になってくると思います。

スケジュール管理されていない

スケジュール管理と一言でいってもいろいろな要因があります。例えば「仕事にかかる時間や優先順位がつけられていない」「予定が実作業よりも少なく見積もらている」「工期に対して作業が多すぎる」など全てスケジュール管理されていないということになります。あなたの仕事はちゃんとスケジュール管理されているか確認してみてください。スケジュール管理が徹底されていなければ、急な残業がいつ発生してもおかしくない状態と言えますので、スケジュール管理手法を学んだり、管理力のある上司にスケジュール管理をお願いしましょう。

好んで残業している

例えば「家に帰りたくない人」「生活残業している人」が好んで残業している人です。両タイプとも残業したいと思っているので、仕事があろうとなかろうと理由をつけて会社に残ろうとします。こういった場合は作業の進捗具合を確かめて、会社に残る必要がないことを論理的に説明して帰ってもらうようにしましょう。この場合もスケジュール管理が徹底されている必要がありそうです。

 

 

残業をなくす仕事術

作業効率化のツールを使う

ルーチンワークは全てロボットに任せる時代!作業の手順を見直して人間の判断が必要ないようなルーチンワークは効率化ツールに任せてしまいましょう。筆者もITコンサルというということで自動化ツールを企業に導入してもらう提案をさせて頂いています。誰でも簡単に使えるところであればエクセルのマクロなど普段使っているソフトを現場でもう少し勉強してもらい導入を検討してもらいます。もう少し広い範囲では「システムによる承認作業」などの社内システムのルーチンワークは※RPAと呼ばれる処理ロボットに任せてしまうなど、作業を効率化するツールは沢山ありますので導入を検討してみてください。

※RPAとはRobotic Process Automationの略で人間が手作業で行っているルーティンワークを、ロボットで自動化することのできるツールになります。最近ではいろいろなRPAがあり無料で使えるものも沢山あるので是非導入を検討してみてください。

 

ITコンサルが選ぶ無料でつかえるおすすめRPA2選

ITコンサルとしてセールスしなければいけない立場ですが、無料のツールから手を付けてみて必要になれば有料のツールを検討してみてください。ただし、導入する際には勝手に導入するとシステムトラブルの原因にもなりかねないので、必ず社内のシステム部門に話を通してくださいね。

「UiPath」、「Power Automate Desktop」は無料なので、是非使ってみてください。

UiPathは、オートメーションプラットフォームのグローバルリーディングカンパニーです。RPAやAIによる業務自動化や働…

コーディング スキルを必要とせずに、デスクトップ自動化テクノロジの数百ものビルド済みアクションを利用して、デスクトップ上…

 

 

\おすすめRPA書籍/

 

 

 

スケジュール管理を徹底する

残業をしないようにするには「スケジュール管理を徹底」するの一言に尽きます。「工期に見合った作業量になっておらず間に合わない」「作業の優先順位が決まっておらず手戻りが発生する」「納期に収めるはずの納品物に漏れがあった」「残業しないでと言いたいけど、具体的な理由を説明できない」全てずさんなスケジュール管理によるものです。スケジュール管理しろと言われても「どのように管理すればいいかわからない」「やったことが無い」という方もいらっしゃると思うので、別記事に「現役コンサルが教える誰にでも出来るスケジュール管理の方法」 を書いていますので、よかったら読んでみてください。

現役コンサルが教える誰にでも出来るスケジュール管理の方法

こんにちは”あとおし”です。「残業確定(涙)!、今日予定があって定時退社したかったのに・・」なんて経験ありませんか?残業を減らすためにもスケジュール管理を徹底して定時で帰りましょう!現役コンサルが誰でもできるスケジュール管理のやり方について[…]

 

 

 

\あわせて読みたい/

created by Rinker
¥1,760 (2022/05/18 06:17:50時点 楽天市場調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,738 (2022/05/18 06:17:50時点 楽天市場調べ-詳細)

 

 

さいごに

ちなみに”あとおし”は残業しているのか?というと、ほとんど残業はしておりません!副業で稼ぐ時間を捻出したいためです。プロジェクトマネジメントスキルをフル活用しトラブルことなくスケジュール管理を徹底して定時に帰れるスケジュールにしています。みなさんもこのブログからスケジュール管理のスキルを学んで、定時で帰れると幸いです。

 

あわせて読みたい

今回は残業についてみてきましたが、残業しなければならない忙しいビジネスパーソンが他に何を悩んでいるのか気になったので調べてみました。
興味がわいた方は是非読んでみてくださいね。

20代サラリーマンのよくある悩み

こんにちは"あとおし"です。サラリーマンは常に悩みはつきもの。20代の若手リーダーを育てるべくPjMの教育する毎日を送っているのですが、そんな20代の若手は何に悩んでいるのでしょうか?同年代のサラリーマンが悩みがちな内容を知って、悩みを解決[…]

30代のよくある悩みとは

こんにちは"あとおし"です。サラリーマンは常に悩みはつきもの。30代サラリーマンはビジネスマン生活にも慣れてきて「もっと成長したい」「若手を育てたい」「出世したい」なんて考えていますよね。そんな30代サラリーマンは何に悩んでいるのでしょうか[…]

40代サラリーマンのよくある悩み

こんにちは"あとおし"です。サラリーマンは常に悩みはつきもの。40代サラリーマンはビジネスマン生活にも慣れきってしまい「給料が安い」「やる気が起きない」「体が衰えてきた」なんて考えていますよね。そんな40代サラリーマンは何に悩んでいるのでし[…]

一般的なサラリーマンの悩みとは?

こんにちは"あとおし"です。年齢を問わず日本のサラリーマンは悩みが多いですよね、ほかの人がどのようなことで悩んでいるか気になりませんか? そこで20代〜50代の会社員を対象にしたアンケートを参考に一般的なサラリーマンの悩みを5つ挙げてみま[…]

日本人の一生の悩みとは?

こんにちは”あとおし”です。みなさん本当に悩みが尽きないとおもいませんか? 1つ解決したらまた新たな悩みが出来てきて、その繰り返し・・・人生に悩みはつきもの。 そこで気になったので日本人で一生にうちに悩みがちなことについて調べてみました[…]

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最新情報をチェックしよう!