プレゼンでド緊張する人の特徴と【アガらない対策方法】とは

こんちには”あとおし”です。急に上司から「一週間後に顧客役員に営業のプレゼンして欲しいんだけど?」と依頼されたらどう思いますか?プレゼンが苦手な人は手に汗握ってしまったり、プレゼンに対してストレスを感じる人もいるのではないでしょうか?そんな逃げられないプレゼンで緊張しない方法を知りたいですよね。とういことでプレゼンでアガらない方法を考えてみました。この記事を読んで楽しくプレゼンに取組んでもらえると嬉しいです。

 

プレゼンはやはり緊張するもの

筆者の”あとおし”もプレゼンは何百回とやっていますが、環境(場所や聴衆)が変わるとやはり今でも緊張してしまいます。ですが経験を積むとある程度緊張をコントロール出来たり、逆に楽しむことも出来るようになりますね。ただ年を取って私が鈍感になっているだけかもしれません(涙)

そんな再現性のない話ではなくて、誰にでも実践できる具体的に方法についてまとめてみました。

 

プレゼンでド緊張する人の特徴とは

プレゼンでド緊張してしまう人はどんな人でしょうか?特徴を知れば対策が打てるようになるので、緊張してしまう人の特徴を考えてみました。

01 ええかっこしい

自分を良く見せようとしすぎている人は確実にアガります。「カッコよく見せたい」「お手本になりたい」「完璧にプレゼン内容を伝えよう」など自分中心の意識を持つとやはり緊張してしまうので、自分の事は後回しにして、聞いてくれる聴衆とプレゼン内容自体に意識を集中したほうが良さそうです。

02 人見知り、場所見知り

そもそもプレゼンテーションは、初めての場所で初対面の人に向けて話すことが多いため、人見知り、場所見知りの人は緊張する傾向にありますね。自分がそのような傾向にあるか認識しておく必要がありますね。

03 過去にプレゼンで失敗したことがある

今回のプレゼン前に大きな失敗をしていると、当然「今回は失敗したくない!」と緊張してしまうのは当然ですよね。前回失敗した原因を確認して、しっかり対策しておくと安心できそうです。

 

プレゼンでアガらない方法とは

プレゼンでアガらないようにするにはどうしたらいいのでしょうか?プレゼンで緊張しないようにする方法をまとめてみました。

01 誰でも緊張するものだと理解しておく

どんなベテランでも「初めての場所で初対面の相手」であれば緊張しないことはありません。そんなときはプレゼンの最初に開き直って「今日はとても緊張していますので、カミカミにならないよう頑張ってみます。」とカミングアウトするのも手です。相手の共感をえることにもなりますし、自分も少し楽になるとおもいますよ。

それと聴衆に質問してみるのも良いです。聴衆の1人に「今日のプレゼンに何を期待してますか?」など急に質問してみてください。相手も緊張しているのがわかると思います。自分だけが緊張している訳ではないとわかれば緊張も和らぎますよ。相手に質問してみることは※アイスブレイクとして使えますよ。
※アイスブレイクとはその名のとおり、氷のように静まり返ったプレゼンや会議の雰囲気を打ち壊して活発化させるテクニックです。

02 場所の下見を入念にしておく

初めての場所でプレゼンする場合は、時間前に入って声の通り方や視線を何処にむければ自然になるかなどを確認しておきましょう。事前に会場の雰囲気を味わっておくことで緊張も和らぎます。ついでにレーザーポインタやページ送りボタンなどのオペレーションチェックもしておきましょう。本番中に誤動作などで焦ることもなくなりますよ。

03 アジェンダをカンペにして持っておく

大事なプレゼンであればあるほど、入念に資料を作成しているはずですが、プレゼンで最低これだけは伝えたいと思うアジェンダをカンペにしてポケットに忍ばせておきましょう。どんなに入念に準備しても機材のトラブルや緊張で「頭の中が真っ白に」なることも。そんな時の保険として用意しておいたカンペを元に話を進めます。保険があるという安心感も緊張を解いてくれるはずです。

04 語尾を対話型に変える

語尾を「XXとおもいませんか?」「XXとおもってますよね」と対話型に変えてみます。これにより、独り言ではなく対話型のプレゼンになると共に、話し手も「これはお堅いプレゼンではなく、通常の会話でおしゃべりだ」と脳が錯覚して緊張を和らげる効果があります。前述した聴衆への問いかけとあわせて使ってみましょう。

05 わざと聴衆に目線を合わせてみる

聴衆の目線が気になる方がほとんどだと思います。聞いてる人が自分に注目していると思うと余計に緊張してしまいますよね。プレゼンの時に聴衆は「かぼちゃ」と思うと良いとか、”おでこ”をみるようにすれば緊張しないとかありますが、あえて目線を合わせてみましょう。すると真剣に聞いてる人、聞いていない人、目線をそらす人など聴衆にもさまざまな反応があることが分かります。視点が聴衆に移ることで独りごとでなくなり少し緊張が和らぎますよ。縮こまることなく、広い視点で発表したほうが堂々としているように見られて好印象です。

 

 

\あわせて読みたい/

created by Rinker
¥1,650 (2022/05/18 01:52:21時点 楽天市場調べ-詳細)

 

さいごに

ビジネスしていればプレゼンはつきものですよね。重要なプレゼンで緊張しないようになれば今後のビジネス人生が楽になると思います。緊張にばかり気をとられないでプレゼンの内容そのものに注力したいものですね。是非、本記事の緊張しない方法を試してみながら、みなさん独自の最強プレゼン方法を考えてみてください。本記事が何かのきっかけになれば幸いです。

 

 

あわせて読みたい

今回はプレゼンで緊張しない方法についてみてきましたが、プレゼンが上手くなりたい20代のみなさんが何に悩んでいるのか気になったので調べてみました。
興味がわいた方は是非読んでみてくださいね。

20代サラリーマンのよくある悩み

こんにちは"あとおし"です。サラリーマンは常に悩みはつきもの。20代の若手リーダーを育てるべくPjMの教育する毎日を送っているのですが、そんな20代の若手は何に悩んでいるのでしょうか?同年代のサラリーマンが悩みがちな内容を知って、悩みを解決[…]

30代のよくある悩みとは

こんにちは"あとおし"です。サラリーマンは常に悩みはつきもの。30代サラリーマンはビジネスマン生活にも慣れてきて「もっと成長したい」「若手を育てたい」「出世したい」なんて考えていますよね。そんな30代サラリーマンは何に悩んでいるのでしょうか[…]

40代のよくある悩みとは

こんにちは"あとおし"です。サラリーマンは常に悩みはつきもの。30代サラリーマンはビジネスマン生活にも慣れてきて「もっと成長したい」「若手を育てたい」「出世したい」なんて考えていますよね。そんな30代サラリーマンは何に悩んでいるのでしょうか[…]

一般的なサラリーマンの悩みとは?

こんにちは"あとおし"です。年齢を問わず日本のサラリーマンは悩みが多いですよね、ほかの人がどのようなことで悩んでいるか気になりませんか? そこで20代〜50代の会社員を対象にしたアンケートを参考に一般的なサラリーマンの悩みを5つ挙げてみま[…]

日本人の一生の悩みとは?

こんにちは”あとおし”です。みなさん本当に悩みが尽きないとおもいませんか? 1つ解決したらまた新たな悩みが出来てきて、その繰り返し・・・人生に悩みはつきもの。 そこで気になったので日本人で一生にうちに悩みがちなことについて調べてみました[…]

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

 

最新情報をチェックしよう!